ごあいさつごあいさつ

新しく生まれ変わった大森カントリーガーデン 草花を生産管理するナーセリーを主軸とした“大森カントリーガーデン”が扱う宿根草は1000品種以上。草花のもつ本来ののびのびとした姿や色合わせの美しさを知っていただくために直営店にて取り組んでいる、ガーデンやショップ、カフェづくりがようやく形になって参りました。そしてこの度、ブランド名及びロゴを一新いたしました。弊社はこれからも、皆様の生活により身近で心癒される草花をお届けできるよう、宿根草の普及に取り組んでいく所存です。

弊社ロゴマークにこめた想い

近年、ガーデニングまたはランドスケープの重要な植材として、宿根草と呼ばれる草花が身近に楽しめるようになりました。その背景には、日本のみならずガーデニング文化圏において、流行による需給に応じた生産体制(一時的な量産)や、見た目を優先した品種改良があります。
私たちは、これらに疑問を持ちました。今回新たに作成したロゴは、

手:ナーセリーマン大森康雄(社長)
花:ガーデンデザイナー大森敬子(社長夫人)

をモチーフとしています。
私たちは、草花の特性を十分理解したうえでの生産管理、気候や風土に合った無理のないガーデンデザインを心がけております。流行り廃りに左右されるのではなく、これからも皆様に長い間愛してもらえる草花を紹介し続けたい、そんな思いを込めました。